アジア

インド カーティヤーワール半島の西端へ 
グジャラート州の遺跡や聖地、伝統文化を見る 12日間

詳細はコチラ

インド カーティヤーワール半島の西端へ グジャラート州の遺跡や聖地、伝統文化を見る 12日間

出発日

2015年3月11日(水)

最少催行人員

8名様(最大12名様)

添乗員

全行程同行します。

ツアーのポイント

■インド北西のグジャラート州にあるカーティヤーワール半島は、カッチ湾とカンバート湾に挟まれてアラビア海に突き出しており、古くから交通の要衝として栄えました。紀元前に遡る遺跡やジャイナ教の聖地、独特な文化と昔ながらの生活を守る人々に出会えます。
■ポルトガル領インドといえばまずゴアですが、他にもいくつか飛び地がありました。その1つディウは半島の端に位置し、1961年にインドに返還されるまでポルトガルの飛び地でした。今でもポルトガル植民地時代の城壁や教会などの建造物が残っています。
■2014年、あらたに世界遺産に登録された階段井戸「ラニ・キ・ヴァヴ」を訪ねます。地下水を利用した水管理システムは、巨大な岩山を掘り下げながら理想的な比率で階段を創り出しました。まさに他に類を見ない規模の芸術作品に違いありません。
■終日、時間をとってジャイナ教の総本山であるシャトルンジャヤ山の寺院群へご案内します。山中には3,000もの膨大な寺院があり、山頂付近からの眺めは壮大です。早朝に出発し、山頂のパリタナ寺院を目指します。(所要時間:のぼり2.5~3時間)
■カーティヤーワール半島西端に位置し、ヒンドゥー教の聖地でもあるドワルカを訪ねます。この都市はクリシュナ王の首都だったと言われています。市内にあるドワルカ寺院やガートへご案内します。
■"バンダニ"と呼ばれる絞り布の生産で有名なジャームナガルに立ち寄り、工房の見学へご案内します。
■インドの西の端、パキスタン国境近くのカッチ地方は手工芸の里が幾つもあります。中心地ブジを起点にハンドクラフトや綺麗な衣装をまとった民族の村々を訪ねます。
■インダス文明の都市遺跡ドーラビーラやロータル遺跡を訪ねます。2つの遺跡はインダス文明を知る上で重要であり、その複雑で精緻な都市計画と建造物が知られています。メソポタミアとのつながりをうかがわせる土器など膨大な量の出土が見られています。

ミャンマー 東部シャン州の少数民族との出会い 
古都バガン、マンダレー、インレー湖を訪ねて 10日間

詳細はコチラ

ミャンマー 東部シャン州の少数民族との出会い 古都バガン、マンダレー、インレー湖を訪ねて 10日間

出発日

2015年2月9日(月)

最少催行人員

8名様(最大12名様)

添乗員

全行程同行します。

ツアーのポイント

■ミャンマー東部のシャン州には、独自の言語や風習・文化を守って生活している少数民族が多く暮らしています。中心地チャイントンを起点に少数民族の村々をまわり、現地の人々の風習や生活に触れます。お歯黒で知られるエン族、腰に金属をはめた衣装を纏うパラウン族などの村を訪ねます。
■ミャンマー仏教の巡礼地チャイティーヨパゴダに宿泊し、昼間の観光に加えて夜のライトアップにもご案内します。落ちそうで落ちない巨岩の上にたつチャイティーヨパゴダは、釈迦の聖髪が納められていると言われ、参拝者が絶えない聖地です。
■アジアの三大仏教遺跡に数えられる古都バガンを訪問します。イラワジ河に沈む夕陽の鑑賞では、幻想的な風景をご覧ください。
■インレー湖ではボートで観光へご案内します。ファウンドーウーパゴダ、インダー族の水上生活風景、ガペチャイン僧院などを訪ねます。
■第2の都市マンダレー近郊、かつては王都として栄えたアマラプラを訪ねます。ウーペイン橋やマハーガンダヨン僧院を訪ねます。
■ミャンマーの基本4都市、ヤンゴン、バガン、マンダレー、インレー湖を訪問するおすすめツアーです。


遥かなるワハン回廊を眺め
「世界の屋根」大パミールへ 14日間

詳細はコチラ

遥かなるワハン回廊を眺め 「世界の屋根」大パミールへ 14日間

出発日

次回、2015年初夏に予定しております。

最少催行人員

6名様(最大9名様)

添乗員

全行程同行します。

ツアーのポイント

■アフガニスタンとタジキスタンの国境を成す長大な渓谷地帯からパミール高原を目指します。
■秘境に暮らす民族タジク族や遊牧民キルギス族との出会いや交流があります。そして、生活環境の違いを民家泊で体験します。
■ウズベキスタンとアフガニスタンとの国境の町、テルメズの仏教遺跡を訪問します。

南東部バングラデシュ 
チッタゴン丘陵地帯の少数民族と世界最長のビーチへ 9日間

詳細はコチラ

南東部バングラデシュ チッタゴン丘陵地帯の少数民族と世界最長のビーチへ 9日間

出発日

2014年12月2日(火)/ 2015年1月20日(火)/ 2015年3月3日(火)

最少催行人員

6名様(最大12名様)

添乗員

全行程同行します。

ツアーのポイント

■チッタゴン丘陵地帯の見どころに注目しました。バングラデシュ唯一の丘陵地帯は、国土の10%にあたります。この場所では、古くからモンゴロイド系の先住民が生活を営み、デルタ地帯に居住する多数派のベンガル人とは異なる文化を営んできました。
■ランガマティやバンドルボンではチャクマ族、マルマ族、ムロン族と呼ばれるミャンマー系の人々が暮らす村を訪問します。彼らは、イスラム教が大部分を占める都市圏とは異なる暮らしをしています。ランガマティでは美しいカプタイ湖のクルーズをお楽しみください。ラム地域のラム村は、典型的な仏教徒の多く暮らす村です。バングラデシュの総人口のうち、仏教徒が占める割合は約1%。その多くは仏教が人口の大多数を占める隣国ミャンマーに近い南東部に居住しています。
■コックスバザールは世界一長いビーチ(120km)があることで有名です。美しい夕陽と美味しい海産物、地元のラカイン族が作る葉巻や手織物を探してマーケット巡りをするのも楽しみです。終日、ナフ川を挟んでミャンマーの農村と小高い丘を見ることができるテクナフやイナニビーチも訪ねます。

インド 信仰の源泉 
大河ガンジスを追って2,100km 15日間

詳細はコチラ

インド 信仰の源泉 大河ガンジスを追って2,100km 15日間

出発日

2014年11月5日(水) 

最少催行人員

6名様(最大12名様)

添乗員

全行程同行します。

ツアーのポイント

■ガンジス川の名がはじまる始発点デーヴァプラヤーグから最下流の終着点聖地ガンガーサガール島へ。陸路、車と電車を利用しガンジスを追います。途中、古くから聖地とされているハリドワール、ガンジス川とヤムナー川が交わる聖なる場所サンガム、全てのヒンドゥー教徒の聖地ベナレス、ガンジス川とガンダック川の合流点ソネプール、スルタンガンジのジャハンギーラ島などの聖地も訪ねます。
■ソネプールでは「ソネプール・メーラ」と呼ばれるインド最大の家畜市がひらかれている時期にあたります。ガンジス川のほとりには祭りのために大規模に集結した象の姿やガンダック川に押し寄せるヒンドゥー教徒の人々の沐浴風景をご覧頂けます。


ボルネオ島の2つ宝石 
北ボルネオ鉄道のコタキナバルとブルネイ・ダルサラーム 6日間

詳細はコチラ

ボルネオ島の2つ宝石 北ボルネオ鉄道のコタキナバルとブルネイ・ダルサラーム 6日間

出発日

2014年11月22日(土) 2015年01月17日(土)

最少催行人員

6名様(最大12名様)

添乗員

全行程同行します。

ツアーのポイント

◎日本の約1.9倍の面積を誇るボルネオ島にはインドネシア、マレーシア、ブルネイ・ダルサラームの3国が同居していますが、そのうち、マレーシアのコタキナバルとブルネイ・ダルサラームを6日間のコンパクトの日程でご案内します。成田往復は、マレーシア航空の直行便の利用です。
◎「世界一裕福な国」と言われる敬虔なイスラム教国ブルネイ・ダルサラーム。そんな漠然としたイメージはあっても、実際にどんな国かを体験された方はまだまだ少ないのが現状です。首都であるバンダル・スリ・ブガワンと豊かな大自然の中にあるウル・トゥンブロン国立公園を訪ね、「未知なる国」の実態に迫ります。
◎コタキナバルでは、鉄道ファンならずとも郷愁を誘われる、蒸気機関車が牽引する観光列車「北ボルネオ鉄道」とテングザルやホタルの群生をご覧いただける「クリアス川のサンセット・クルーズ」へご案内。ボルネオ島最大都市の一面とは一味も二味も違うコタキナバルをご堪能いただきます。
◎コタキナバル、バンダル・スリ・ブガワン両都市で高級ホテルで連泊とし、ホテルでのご滞在もゆったりとお楽しみいただけます。
◎燃油サーチャージを含んだご旅行代金です。

ベトナム最北の地 
ハジャンの少数民族と黄金の棚田を訪ねて 8日間

詳細はコチラ

ベトナム最北の地 ハジャンの少数民族と黄金の棚田を訪ねて 8日間

出発日

2014年10月7日(火)

最少催行人員

6名様(最大10名様)

添乗員

全行程同行します。

ツアーのポイント

■ベトナムの山岳地帯のハジャンに暮らす、様々な民族(ザオ族、モン族、ロロ族、タイ族、ラチ族など)に出会える旅です。衣装も特徴的で色鮮やか。撮影も楽しみのひとつです。定期市では民族衣装を纏った様々な少数民族と出会えます。
■各地で週に一度開催される定期市に合わせた設定日です。ドンバンやメオバックの日曜市、ミンタンの金曜市では民族衣装で着飾った少数民族の姿があります。
■ハジャンでは9月下旬から10月中旬には黄金色に染まる棚田がご覧いただけます。長い年月をかけて何百段も続く見事な棚田です。収穫時期、刈り入れに精を出す少数民族の姿と一面に輝く稲穂の風景はこの時期ならではです。

東チベット探訪 
最大の僧院ラルン・ガル・ゴンパと川西高原の魅力に迫る 
9日間

詳細はコチラ

東チベット探訪 最大の僧院ラルン・ガル・ゴンパと川西高原の魅力に迫る 9日間

出発日

2014年10月7日(火)

最少催行人員

6名様(最大12名様)

添乗員

全行程同行します。

ツアーのポイント

■西蔵自治区に隣接する四川省。チベット族が独自の文化・風習を守りながら暮らす四川省のチベット文化圏カンゼ・チベット自治州を巡ります。
■「世界最大規模のチベット仏教の学院」ラルン・ガル・ゴンパを訪問します。
■専門誌『中国国家地理』で「中国十大美しい村」のトップに選ばれた丹巴を訪問します。
■今後の世界遺産候補地、「小九寨溝」とも呼ばれる康定情歌風景区や写真好きにはたまらない新都橋の訪問も隠れた魅力です。

秋真っ盛り!紅葉の周王山と安東、慶州、
釜山の世界花火祝祭 大満足・韓国の旅 5日間

詳細はコチラ

秋真っ盛り!紅葉の周王山と安東、慶州、釜山の世界花火祝祭 大満足・韓国の旅 5日間

出発日

2014年10月22日(水)

最少催行人員

最少催行6名様(最大12名様)

添乗員

全行程同行します。

ツアーのポイント

●日本と同様に四季のある韓国は、木々が真っ赤に色づく秋がご旅行のベストシーズン!青松で周王山の紅葉を愛で、安東で両班の伝統文化を垣間見、古都慶州で新羅の芸術に思いを馳せ、8万発もの花火が打ち上げられる釜山世界花火祝祭で旅を締めくくります。
●青松はたくさんの見どころを有しながらも日本ではほとんど知られていない場所です。紅葉真っ盛りの周王山でハイキングを楽しみ、青松白磁の窯元も訪れます。
●安東は両班の伝統文化を色濃く残した世界文化遺産。韓国歴史ドラマに出てくるような村を存分にご覧いただきます。
●慶州では、2つの世界遺産、石窟庵と仏国寺へご案内。この2か所を結ぶ紅葉のトンネルは、この時期限定の穴場中の穴場です。
●最後の釜山では、年に一度の第10回釜山世界花火祝祭をお楽しみいただきます。混雑知らずの展望レストランを特別に確保し、ゆったりと存分に8万発もの花火をご堪能ください。
●毎食のお食事にも工夫を凝らしています。旬の松茸鍋、薬水タッペクスク、塩サバ定食、慶州ビビンバ、海鮮料理など各地の名物料理、そして、宮中料理もご用意しております。

1

お問い合わせ

お申し込みからご出発まで

会社案内

旅行約款

トラベルハーモニー

個性派の陸旅ブログ

旅専 旅の専門店連合会

旅専公式 Facebookページ