中南米

コスタリカ探訪 
エコツアー発祥の地を訪ねて 14日間

詳細はコチラ

コスタリカ探訪 エコツアー発祥の地を訪ねて 14日間

出発日

2015年2月17日(火)

最少催行人員

8名様(最大12名様)

添乗員

全行程同行します。

ツアーのポイント

■コルコバード国立公園は、熱帯雨林と美しい海の両方を楽しめる自然愛好家に絶対にお勧めの秘境です。大型のコンゴウインコ、サル、ジャガー、オセロット、バク、オオアリクイなどの大型哺乳類が棲息しています。最も奥地にあるシレーナは、コスタリカの国立公園で最も多くの動植物が生息していると言われています。ボート移動はそれなりのスリルがあって楽しいです。一度と言わずまた訪れたくなるコスタリカ「最後の秘境」へお出かけください。
■野鳥の多いサラピキでは、世界から研究者が集まるOET(熱帯研究施設)があるラ・セルバの森での自然観察へご案内します。3種類のサル、ペッカリー、ナマケモノなどは比較的容易に見られます。夜行性のアルマジロを探してナイトツアーへもご案内します。早朝の観察では野鳥が本当に多く、写真を撮るにも最適です。野鳥はコスタリカに生息する約半数の500種が生息しています。
■世界一美しい鳥と呼ばれるケツァールが棲息しエコツーリズムとしても紹介されるコスタリカで最も有名な観光地のモンテベルデ自然保護区を訪ねます。スカイウォークやキャノピーツアー、ナイトツアーなど連泊で大自然を満喫してください。
■早朝、密林の川沿いをボートに乗り、手つかずの密林にサル、ナマケモノ、イグアナ、オオハシ、多種類の水鳥などの野生動物を探索します。カリブ海沿いに広がる密林地帯はリトルアマゾンとも呼ばれジャガーやバクも生息する野生動物の宝庫です。
■トルトゥゲーロではマワンバロッジに宿泊します。海辺のホテルで片側がジャングル、そしてもう一方はカリブ海に隣接しています。ホテルの敷地内にあるトレイルではアカメアマガエルやオオハシに出会うことができます。自由時間には美しいビーチもお楽しみ頂けます。

天空の鏡ウユニ塩湖 
世界遺産ウマワカ渓谷とアタカマ砂漠の星空を観る 14日間

詳細はコチラ

天空の鏡ウユニ塩湖 世界遺産ウマワカ渓谷とアタカマ砂漠の星空を観る 14日間

出発日

2015年1月18日(日)出発間近

最少催行人員

8名様(最大12名様)

添乗員

全行程同行します。

ツアーのポイント

■陸路、アルゼンチン北部の渓谷地帯からチリのアタカマ砂漠、そしてアンデスの宝石と呼ばれる高地の湖や世界一の広さを誇るウユニ塩湖まで。途中、先住民文化のが色濃く残る村々など素晴らしい景色と出会いの連続です。
■雨季の時期は、日の入り後天候も崩れやすいので、夜の星空観賞が中止なんてことも・・・。陸旅倶楽部では、天候の安定する明け方を狙ってホテルを出発し、ウユニ塩湖の星空と日の出を見学します。
■広大な塩湖の畔の一番近くに建っている塩のホテル「クリスタル・サマーニャ」に連泊します。
■このコースでは、世界第1位から3位までの塩湖を一気に訪問します。1つ目はボリビアのウユニ塩湖、2つ目はチリのアタカマ塩湖、3つ目はアルゼンチンのサリナスグランデ塩湖です。
■世界遺産ウマワカ渓谷では、7色の丘で有名なプルママルカやプカラ(先住民の遺跡)へ。その景観は南米のグランドキャニオンと言われます。また、ワインの産地として有名なカファジャテ渓谷のワイナリ―訪問やアルゼンチンの先住民の遺跡の中では一番大きなキルメス遺跡を訪ねます。
■アタカマ砂漠で星空観賞へご案内します。世界で最も乾燥した土地だから、空気中の水蒸気に邪魔されることなくとても美しい星空を見ることができます。標高が高く澄み切った空気が天体観測に適しており、ヨーロッパ南天天文台をはじめとする世界の天体観測施設が設けられています。夜には満天の星空、天の川を眺めることができます!

南メキシコ チアパス高地を行く 
マヤの遺跡の数々と美しい滝めぐり 10日間

詳細はコチラ

南メキシコ チアパス高地を行く マヤの遺跡の数々と美しい滝めぐり 10日間

出発日

2015年1月26日(月)/ 2015年3月9日(月)

最少催行人員

8名様(最大12名様)

添乗員

全行程同行します。

ツアーのポイント

■メキシコ南東部、マヤの影響を一番色濃く残すチアパス州を巡ります。メキシコとグァテマラを隔てるウシュマシンタ川の岸辺に築かれた古典期マヤの代表的な遺跡のひとつヤシチラシ遺跡、1946年極彩色の壁画が発見され世界中から注目を集めたボナンパック遺跡など秘境とも言える遺跡群へご案内します。
■マヤ遺跡でも最大級のトニナ遺跡にはトンネルや見事なレリーフがいくつか残っています。自然の丘を五段に造成した巨大なアクロポリスのテナム・プエンテ遺跡、紀元前の先古典期からの非常に古いイサパ遺跡やチンクルティック遺跡なども訪ねます。
■南メキシコのチアバス州は豊かな自然に恵まれています。高地を行くこのルートでは熱帯ジャングルから丘陵地へ上がって静かな渓谷へ。そして常緑樹の山々に達するルートで多彩な自然も満喫していただけます。
■アグア・アスールの滝は川を段々になって流れます。真っ青な水の色と水しぶきのコントラスは感動の美しさです。
■2つの世界遺産ソチミルコとメキシコ国立自治大学 (UNAM) の大学都市の中央キャンパスにご案内します。ソチミルコの運河を行くトラヒネラと呼ばれる小舟は、かつてメキシコ盆地内の重要な交通手段でした。また、60人以上の建築家や技師が作り上げた大学都市もメキシコを代表するものの1つです。

キューバ大横断 世界最大の美と賞賛された
都市バラコアからハバナまで 12日間

詳細はコチラ

キューバ大横断 世界最大の美と賞賛された 都市バラコアからハバナまで 12日間

出発日

2015年1月19日(月)/ 2015年3月3日(火)

最少催行人員

8名様(最大12名様)

添乗員

全行程同行します。

ツアーのポイント

■キューバ最東端の都市バラコアから途中、サンチャゴ・デ・クーバを通り、首都ハバナまで東西約1,000kmを走破!!原始の姿を残した山並みとカリブ海、キューバの田舎の素晴らしさ味わうにもぴったりです。
■キューバ国内のユネスコ文化・自然遺産を8カ所を訪問します。
■最東端にある都市バラコアに連泊します。あのコロンブスが「世界最大の美」と賞賛した風景が広がる場所です。近郊、アレハンドロ・デ・フンボルト国立公園はキューバ屈指の自然の宝庫です。その生物の多様性や自然の豊かさが認められ世界遺産に登録されています。
■キューバ革命の英雄チェ・ゲバラの足跡を辿ります。サンチャゴ・デ・クーバの7月26日モンカダ兵営博物館やシボネイ農場、サンタ・クララのチェ・ゲバラ記念霊廟、ハバナ旧市街の革命博物館など訪問します。
■文豪へミングウェイのゆかりの地を訪問します。小説『老人と海』の舞台となったコヒマル村、小説『誰がために鐘はなる』を執筆したホテル、アンボス・ムンドス、現在は博物館となっているヘミングウェイの邸宅跡も訪れます。
■カリブ諸国最大でもっとも保護されているサパタ湿原に滞在します。キューバ固有種を含むキューバの鳥の65%が生息し、1,000種の植物が自生しています。

パラグアイ周遊 
ゴールデンルートとイエズス会の足跡を訪ねて 10日間

詳細はコチラ

パラグアイ周遊 ゴールデンルートとイエズス会の足跡を訪ねて 10日間

出発日

2014年11月26日(水)/ 2015年2月18日(水)

最少催行人員

8名様(最大12名様)

添乗員

全行程同行します。

ツアーのポイント

■フランシスコ会の影響を受けた地域と民芸品を巡るゴールデンルートを訪ねます。グアラニー族とスペイン人の交流の歴史が創った歴史、自然、民芸品にふれる人気のルートです。ンバトヴィ自然保護地区、ジャグアロンの教会、“ニャンデュティ”の産地イタグア、伝統的な楽器アルパやギターの産地として有名ルケ、イパカライ湖では遊覧へご案内します。
■世界遺産トリニダーとヘススの集落村跡を訪ねます。17世紀にパラグアイの先住民たちに宣教するため各地を訪れたイエズス会が形成した宣教村。なかでもトリニダーとヘススの集落村跡は、建物の規模や繊細さからイエズス会の建築物を代表するモニュメントとされ、世界遺産に登録されています。
■パラグアイを代表するモンダウの滝を訪ねます。高さ40mある3つの大きな滝といくつかの小さな滝は迫力満点です。
■1936年以来、今も多くの日系移住地が点在しているパラグアイ。パラグアイ初の日本海外移住振興株式会社(JICAの前身)の直轄移住地として設立されたラパス移住地を訪ねます。
■世界最大級のイタイプー・ダムを訪ねます。高さ196m、最大落差95m、全長約8km、総貯水量290億立方メートルを誇ります。イタイプー発電所外部施設の見学やパノラマミックな景観をお楽しみください。




1

お問い合わせ

お申し込みからご出発まで

会社案内

旅行約款

トラベルハーモニー

個性派の陸旅ブログ

旅専 旅の専門店連合会

旅専公式 Facebookページ