キューバ大横断 世界最大の美と賞賛された
都市バラコアからハバナまで 12日間

出発日2015年1月19日(月)/ 2015年3月3日(火)
最低催行人員8名様(最大12名様)
添乗員全行程同行します。
ツアーのポイント■キューバ最東端の都市バラコアから途中、サンチャゴ・デ・クーバを通り、首都ハバナまで東西約1,000kmを走破!!原始の姿を残した山並みとカリブ海、キューバの田舎の素晴らしさ味わうにもぴったりです。
■キューバ国内のユネスコ文化・自然遺産を8カ所を訪問します。
■最東端にある都市バラコアに連泊します。あのコロンブスが「世界最大の美」と賞賛した風景が広がる場所です。近郊、アレハンドロ・デ・フンボルト国立公園はキューバ屈指の自然の宝庫です。その生物の多様性や自然の豊かさが認められ世界遺産に登録されています。
■キューバ革命の英雄チェ・ゲバラの足跡を辿ります。サンチャゴ・デ・クーバの7月26日モンカダ兵営博物館やシボネイ農場、サンタ・クララのチェ・ゲバラ記念霊廟、ハバナ旧市街の革命博物館など訪問します。
■文豪へミングウェイのゆかりの地を訪問します。小説『老人と海』の舞台となったコヒマル村、小説『誰がために鐘はなる』を執筆したホテル、アンボス・ムンドス、現在は博物館となっているヘミングウェイの邸宅跡も訪れます。
■カリブ諸国最大でもっとも保護されているサパタ湿原に滞在します。キューバ固有種を含むキューバの鳥の65%が生息し、1,000種の植物が自生しています。

日程表

 

 

日次 都市 スケジュール 食事
1日目

東京(羽田)

ハバナ

■羽田空港に集合。

■空路、カナダのトロントで乗継ぎ、キューバの首都ハバナへ向かいます。 

■着後、ホテルへ向かいます。

【ハバナ泊】

food_icon4.png

2日目

ハバナ

(コヒマル)

サンチャゴ・デ・クーバ 

■朝食後、文豪ヘミングェイの小説「老人と海」の舞台となった漁村コヒマルへ向かいます。ヘミングウェイ晩年の邸宅跡のヘミングウェイ博物館などを訪ねます。

restaurant昼食は、ヘミングウェイが足しげく通ったレストラン「ラ・テラサ」でシーフードをご賞味ください。

■午後、ハバナの市内観光へご案内します。小説『誰がために鐘はなる』を執筆したホテル・アンボス・ムンドス、旧国会議事堂、モロ要塞、ゲバラの第一邸宅、革命博物などを訪ねます。

■夜、空路、キューバ第二の都市でキューバ革命発祥の地サンチャゴ・デ・クーバへ向かいます。

■着後、ホテルへ。 

 

【サンチャゴ・デ・クーバ泊】

 food_icon1.png

food_icon2.png

food_icon3.png

3日目 サンチャゴ・デ・クーバ滞在 

■朝食後、サンチャゴ・デ・クーバ市内観光へご案内します。キューバで一番神聖な場所と云われるコブレ教会 、世界遺産サン・ペドロ・デ・ラ・ロカ城、キューバ革命の火蓋を切った7月26日モンカダ兵営博物館、モンカダ兵営襲撃の拠点となったシボネイ農場、革命勝利宣言の地セスペデス広場などを訪ねます。 

 

【サンチャゴ・デ・クーバ泊】

food_icon1.png

food_icon2.png

food_icon3.png

4日目

サンチャゴ・デ・クーバ

グアンタナモ

バラコア 

■朝食後、キューバ最東端にある都市バラコアに向かいます。

■途中、グアンタナモに立ち寄ります。町には1819年にハイチから来たフランス人農園主が建てた建物が残ります。 

 

 【バラコア泊】

food_icon1.png

food_icon2.png

food_icon3.png

5日目

バラコア滞在

(アレハンドロ・デ・フンボルト国立公園) 

 

■朝食後、アレハンドロ・デ・フンボルト国立公園に向かいます。その生物の多様性や自然の豊かさが認められ世界遺産に登録されます。 

【バラコア泊】

food_icon1.png

food_icon2.png

food_icon3.png

6日目

バラコア

ラ・イサベリカとグラン・ピエドラ

サンチャゴ・デ・クーバ 

■朝食後、サンチャゴ・デ・クーバへ向かいます。

■途中、世界遺産「キューバ南東部のコーヒー農園発祥地の景観」の見どころである、農園主の邸宅ラ・イサベリカと巨石グラン・ピエドラに立ち寄ります。 

 

【サンチャゴ・デ・クーバ泊】

food_icon1.png

food_icon2.png

food_icon3.png

7日目

サンチャゴ・デ・クーバ

バヤモ

カマグエイ

 

朝食後、コロニアル調の街並みが残る内陸の街カマグエイへ向かいます。

■途中、キューバ国歌誕生の地バヤモに立ち寄ります。セスペデスの家、サルバドール教会などを訪ねます。 

■着後、カマグエイ旧市街の観光へビンタク(自転車)を利用してご案内します。1748年建設のヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・メルセー教会、修道院のプラザ・デル・カルメン、サンフアンデミオス広場などを訪ねます。 

 

 

【カマグエイ泊】

food_icon1.png

food_icon2.png

food_icon3.png

8日目

カマグエイ

ロス・インヘニオス渓谷

トリニダー

■朝食後、トリニダーへ向かいます。

■途中、広大なサトウキビ畑が広がるロス・インヘニオス渓谷に立ち寄ります。マナカ・イスナガの荘園跡や奴隷監視塔を見学します。

■着後、トリニダー旧市街の観光へご案内します。サンティシマ教会、ロマンティコ博物館などを訪ねます。

■また、トリニダー名物のカクテル「カンチャンチャラ」もご賞味いただきます。 

 


【トリニダー泊】

food_icon1.png

food_icon2.png

food_icon3.png

9日目

トリニダー

シエンフエゴス

サンタ・クララ

サパタ湿原 

■朝食後、野鳥たちの楽園サパタ湿原 へ向かいます。

■途中、植民都市シエンフエゴス市内観光へご案内します。ホセ・マルティ公園、プリシマ・コンセプシオン大聖堂など訪ねます。

■また、チェ・ゲバラゆかりの地サンタ・クララへ向かい、チェ・ゲバラの遺骨が納められている記念霊廟、革命の流れを決定付けた装甲列車襲撃現場を訪ねます。

■その後、野鳥たちの楽園サパタ湿原へ向かいます。 



 【サパタ湿原泊】

朝

food_icon2.png

food_icon3.png

10日目

サパタ湿原

ハバナ 

■早朝、サパタ湿原の観光へご案内します。朝日とともに美しい鳥たちの舞う姿をご覧ください。

■その後、ハバナへ向かいます。 

note夕食後、ご希望の方は実費にて、添乗員と世界有数のキャバレートロピカーナにお出掛けになられてはいかがでしょうか。尚、料金は座席のランクによって異なります。詳しくは現地にてお申し込みの際にご確認下さい。 

 

 

 【ハバナ泊】

朝

food_icon2.png

food_icon3.png

11日目

 

ハバナ

 

■朝、空路、トロントで乗継ぎ、帰国の途へ。 

 

【機中泊】

 朝  朝

 food_icon4.png

12日目

 

東京(羽田) ■羽田空港に到着。 food_icon4.png

ご旅行代金 羽田発着

 

 

出発日 旅行代金       一人部屋使用追加料金

2015年1月19日(月)

 518,000円

 58,000円

 

2015年3月3日(火)

 518,000円

*燃油サーチャージ目安額:50,000円

■利用予定航空会社:エア・カナダ航空

■ツーリストカード:2,100円

■取得手数料:5,500円

■入国時の保険加入義務

すべての外国籍(日本国籍含む)、事前に滞在期間中の医療費をカバーする保険の加入が必要。 

■パスポートの残存有効期間:入国時3ヶ月以上

■パスポートの残存ページ:見開き1ページ以上

 *6日目、ラ・イサベリカと巨石グラン・ピエドラへは、ハリケーンで壊れた道路の復旧作業が進められています。万が一、復旧作業の遅れご案内できない場合は、代替としてカストロの生家のあるビラン村へご案内いたします。