アラビアの神髄 オマーン1カ国巡り
オマーンの飛び地 ムサンダム半島へ 14日間

出発日2014年12月11日(木)/ 2015年2月19日(火)/ 2015年4月16日(木)
最低催行人員8名様(最大12名様)
添乗員全行程同行します。
ツアーのポイント■アラビア半島に位置するオマーンは見どころの多い国です。首都マスカットや港湾都市スール、乳香の街町サラーラ、ワヒバ砂漠、ニズワ郊外の山岳部で伝統的な暮らしを営むハサット・ビン・ソルトなどの村々へご案内します。
■アラビア半島の東端、ホルムズ海峡に突き出たオマーンの飛び地ムサンダム半島を訪ねます。ホルムズ海峡のフィヨルド・クルーズや標高1,800 m に達する山々が海に向って絶壁を形成する雄大な景観をご覧いただけます。本ツアーでは四輪駆動車で荒涼たる岩山で構成される山岳部へもご案内します。
■数百キロにわたって手つかずの砂丘が続くワヒバ砂漠では、ベドウィン(遊牧民)が現在も生活しており、彼らの暮らしや文化を垣間見ることができます。ワヒバ砂漠に常設するキャンプ施設に宿泊し、夕刻のサンセットや星空をお楽しみください。
■アラビア半島最大のルブ・アル・ハリ砂漠を縦断し「砂漠のアトランティス」と呼ばれた古代都市ウバールの遺跡を訪ねます。紀元前に遡り旧約聖書に登場するこの遺跡は、長い間、伝承の中の都市とされてきましたが、1990年NASAのスペースシャトルの撮ったレーザー写真を解析したところ、砂の下に埋もれた道が発見されました。
■オマーン第2の都市ニズワに連泊し、世界遺産バハラ要塞やジャブリン城を訪ねます。さらに郊外にある古代の岩絵が残るハサット・ビン・ソルトや伝統的な暮らしを守るバラット・サイト村、ミスファット・アル・アブリエーン村などの昔から変わらぬ暮らしをする村々を訪ねます。

日程表

 

 

日次 都市 スケジュール 食事
1日目

東京

 

■成田空港に集合。

■空路、アラブ首長国連邦 のドバイへ向かいます。

 

【機中泊】

 

food_icon4.png

2日目

ドバイ

ハッサブ

■早朝、ドバイに到着。

■着後、バスで国境を越え、オマーンの飛び地ムサンダム半島の中心都市ハッサブへ向かいます。

■ハッサブ着後、ホルムズ海峡に臨む島々のフィヨルド・クルーズへご案内します。

 

【ハッサブ泊】

 

food_icon4.png

food_icon2.png

food_icon3.png

3日目

ハッサブ滞在 

■朝食後、四輪駆動車で、荒涼たる岩山で構成されるムサンダム半島の山岳部の観光へご案内します。

■午後、ハッサブ市内観光へご案内します。ハッサブ・フォート(入場)、漁村(下車)などを訪ねます。

 

【ハッサブ泊】

food_icon1.png

food_icon2.png

food_icon3.png

4日目

ハッサブ

マスカット 

 

■朝食後、自由時間です。

■午後、空路、オマーンの首都マスカットへ向かいます。

■着後、ホテルへ。

【マスカット泊】

food_icon1.png

food_icon2.png

food_icon3.png

5日目

マスカット滞在

 

■終日、マスカット市内観光へご案内します。アラム宮殿(下車)、グランド・モスク(下車)、国立歴史博物館(入場)、マスカット最古の市場マトラ・スーク(下車)を訪ねます。

 

【マスカット泊】

food_icon1.png

food_icon2.png

food_icon3.png

6日目

マスカット

サラーラ

(ホール・リーリ)

 

■朝食後、空路、オマーン第2の都市サラーラへ向かいます。

■着後、サラーラ市内観光へご案内します。かつて乳香交易で栄えた都市遺跡ホール・リーリ(下車)、海のシルクロードで運ばれた交易品を展示する乳香博物館(入場)、アルバリード遺跡(下車)、乳香スーク(下車)を訪ねます。

 

 【サラーラ泊】

food_icon1.png

food_icon2.png

food_icon3.png

7日目

サラーラ滞在

(ウバール遺跡)

■終日、ルブ・アルハーリ砂漠を縦断し、世界遺産ウバール遺跡の観光(下車)へご案内します。

■途中、乳香の木(下車)にも立ち寄ります。 

 

【サラーラ泊】

food_icon1.png

food_icon2.png

food_icon3.png

8日目

サラーラ

マスカット

(カルハット)

スール

■朝食後、空路、マスカットへ向かいます。

■着後、四輪駆動車で、港湾都市スールへ向かいます。

■途中、カルハットにあるビビ・マリアムの墓(下車)に立ち寄ります。

                                                       【スール泊】

food_icon1.png

food_icon2.png

food_icon3.png

9日目

スール

ワヒバ砂漠

 


■朝食後、スール市内観光へご案内します。ダウ船の造船所(下車)などを訪ねます。

■その後、四輪駆動車で、ワヒバ砂漠へ向かいます。

■途中、ベドウィンの民家訪問へご案内します。

note夕食は、ベドウィンが奏でる音楽に耳を傾けながら、砂丘の上で満点の星空楽しみながらお召し上がりください。

 

【ワヒバ砂漠泊】

 food_icon1.png

 food_icon2.png

 food_icon3.png

 

 

10日目

ワヒバ砂漠

(アル・マンザファ)

(キバヤキブ)

ニズワ

■朝食後、オマーン第2の都市ニズワへ向かいます。

■途中、オマーンの伝統的な建築デザインが残る町アル・マンザファ、塔の墓といわれるキバヤキブに立ち寄ります。

■また、世界遺産の灌漑水路システム「ファラッジ」(下車)も訪ねます。

【ニズワ泊】 

  food_icon1.png

 food_icon2.png

 food_icon3.png

11日目

ニズワ滞在

 

■終日、ニズワ近郊の山岳部の観光へご案内します。古代の岩絵が残るハサット・ビン・ソルト、伝統的な暮らしを守るバラット・サイトミスファット・アル・アブリエーンを訪ねます。

 

【ニズワ泊】  

food_icon1.png

   food_icon2.png

 food_icon3.png

12日目

ニズワ

 

アル・アイン

■朝食後、ニズワ市内観光へご案内します。ニズワ城(入場)、世界遺産バハラ要塞(下車)とジャブリン城(下車)、紀元前3世紀のバットの墓(下車)を訪ねます。 

■観光後、国境を越えて、アラブ首長国連邦のアル・アインへ向かいます。

【アル・アイン泊】  

 food_icon2.png food_icon1.png

 food_icon2.png

  food_icon3.png

13日目

アル・アイン

ドバイ

■朝食後、アル・アイン市内観光へご案内します。ジャヒリ要塞(下車)、宮殿博物館(入場)、アル・アイン博物館(入場)などを訪ねます。

■観光後、ドバイへ向かいます。

*ご帰国前には、ホテルのシャワールームをご利用いただけますので、汗を流してからご帰国いただけます。

【機中泊】  

  food_icon1.png

  food_icon2.png

 food_icon3.png

14日目

ドバイ

東京

■深夜、空路、帰国の途へ。

■夕刻、成田空港に到着。

 

 food_icon4.png

 

 

 

ご旅行代金 成田発着

 

 

出発日 旅行代金   一人部屋使用追加料金

2014年12月11日(木)

678,000円

118,000円

2015年2月19日(木) 678,000円

2015年4月16日(木)

678,000円

*燃油サーチャージ目安額:22,000円

■利用予定航空会社:エミレーツ航空

■ビザ代:20リアル( 現地取得)ジンバブエ査証必要ページ:余白3ページ以上必要  

■パスポートの残存有効期間:6ヶ月以上

■パスポートの残存ページ:2ページ以上

*2014年9月現在、マスカットの国立博物館は修復中です。2014年秋、再オープンを予定しておりすが、万が一修復作業が長引いた場合、代替としてバイト・アル・ズバイールにご案内します。